大手携帯電話会社のモバイル端末

実は、スマートフォンにSIMをセットしただけではネットワークに接続できません。

これは、スマートフォンでネットワークに接続できるための設定が出来ていないからです。

大手携帯電話会社のモバイル端末ではAPNが設定済みなのでSIMカードを入れるだけで接続できるのですが、SIMだけを購入した場合、インターネット接続の設定を自分でやらなければなりません。

昨今では、ドコモやauなど大手通信会社自らが提供する格安SIMも登場しています。

格安SIM初心者の方や、これだけで使っていけるしっかりとしたサービスがある格安SIMを探している人は、docomoやKDDIが提供している格安SIMを選択するというのもありですね。

格安SIMをiPhoneで使いたい人がいると思います。

MVNOでもドコモ回線のところであれば、NTTドコモのiPhoneがそのまま利用できます。

でも、ソフトバンクとauのものは実は使えないのです。

その場合は、SIMロックがかかっていないiPhoneを買ってくるか、できればSIMロック解除をする、または、下駄を使うことになります。

今現在、格安SIM、スマホを販売するだいたいの仮想移動体通信事業者は、NTTドコモからネットワーク回線を借り受けてサービスを提供しています。

そのため、仕様としてのデータ通信の速度的には最大150Mbpsなど、どこも同じような感じになっています。

とはいえ、速度を実際に計ってみると各社によって違う場合があります。

一例を挙げるとランチタイムなどの利用者が多いタイミングで通信速度をはかると、そのダウンロード速度は、1Mbpsから20Mbpsという大きな差が出ることも。

いろんな会社もNTTドコモのネットワークを利用しているはずなのに、この通信速度の差はどこから生じるのでしょうか。

そのわけは、データ通信の速さは、データ回線の太さと通信の設備に影響されるからです。

「データ回線帯域の太さ」と「設備の品質」とは会社によって異なるものです。

データ通信が安くできる格安SIM。

1000円前後の月額というものもある格安SIMでは、おおむね月に2GBから3GB利用できます。

LTEを使い切った後は通信速度が制限されますが、音楽や動画などの容量の大きい通信でなければ、ウェブサイトの閲覧、メールチェック程度は問題ありません。

通常のスマホやタブレットには他のキャリアで使えないSIMロックされたものと、SIMロックがかかっていないタイプのものがある。

docomo、KDDI、Softbankなどの大手キャリアが販売しているほとんどの端末は、SIMカードは他社のカードが使えないロック(SIM)がかかっています。

でも、SIMロックがかかっていたとしても、NTTdocomoの場合は、ドコモの通信回線を借りている仮想移動体通信事業者(MVNO)の格安SIMのSIMカードをそのまま利用することができます。

そもそもSIMとは、ドコモではUIMカード、au(KDDI)では「au ICカード」、ソフトバンクモバイルでは、USIMカードという名称の小さいICカード(SIMカード)のことです。

携帯電話に、大手キャリアのものではなく、格安SIM事業者のSIMカードを使うと、安い料金で使えることがあるため、かなり注目されているわけです。

格安SIMを使うことができた場合、携帯電話料金を安くできます。

ソフトバンク等だと月に7000円以上もかかってきますが、仮想移動体通信事業者だと月に1000円程度なんていう費用に。

一回は、検討してみてもいいのではないでしょうか。

一般に、帯域が太ければユーザーやアクセスが増加しても、速度が低下しにくく、設備投資がしっかりしていれば、データを素早く処理できるため利用ユーザーが多く、回線が込み合っている場合でもスムーズです。

このような状況からMVNOを選ぶ場合は、価格だけでなく安定したサービスを提供出来る事業者を選択する必要があることが分かります。

お世話になってるサイト>>>>>xperiaで格安SIM。テザリングもOKです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です